名古屋の歩道橋だがや!

名古屋の歩道橋を楽しみ尽くせ!

☆☆☆

歩道橋とは

歩道橋は、正式には横断歩道橋というようです。その横断歩道橋とは、誰でも知っていると思いますが、車道をまたぐように架けられた歩行者・自転車専用の橋のことですね。

交通量が多く幅の広い道路で、横断歩道が多いと自動車が止まることが多くなり、渋滞が増加する可能性があるので歩道橋を設置することが多いようです。また、周辺に小学校や病院などがある場合、交通事故の予防手段として設置されることもあります。

歩道橋は、階段だけのものやスロープ付きで自転車も利用可能となっているもの、スロープのみのなどがありますね。エスカレータやエレベータが設置されているものもあります。また昇開式可動橋になっているものまであるそうです。



名古屋市が歩道橋の命名権(ネーミングライツ)を売り出したのが、
少し話題になっています。
・1橋あたり年額30万円以上
・契約期間は3年以上
などとった条件があり、
すでに「ごまたまご歩道橋」や「河合塾ビクトリーブリッジ」など
ユニークな名前が入った橋が、複数存在しています。

神宮公園前歩道橋

名古屋市熱田区旗屋1丁目


拡大地図を表示

IMG_0221_R.jpg
橋の上
IMG_0223_R.jpg
歩道橋から見える西側。奥に見えるのが熱田球場。
IMG_0222_R.jpg
歩道橋の西側
IMG_0225_R.jpg
階段
IMG_0224_R.jpg
橋の古さなどが分かる表記
IMG_0226_R.jpg
(撮影:2007/11)

歩道橋の階段は両側に1本ずつです。階段にスロープはありません。熱田公園、熱田球場から最も近い歩道橋です。公園から見て歩道橋は東にあります。周囲に寺が多いと思います。

歩道橋下道路の交通量 ★★★☆☆
歩道橋の通行量 ★★★☆☆
歩道橋の必要性 ★★☆☆☆
形のユニークさ ★☆☆☆☆
歩道橋の古さ 1967年9月